2009.08.22-08.23CLUB305 THE FINAL MEETINGに行ってきたぞ


日本全国のMINI・CLUBのオーナー達がFISCO(現在はFSW:富士スピードウェイ)に集う日本最大のMINIのイベントに参加しました。(レポは御隠居様です。)


CLUB305運営委員会事務局のサイトによると、
「CLUB305は今年でFINALを迎えます。
全国のMINI・CLUBのオーナー達がFISCOに集合することにより、ネットワークが出来るのではないか、そんな発想から始りました。
FISCOの駐車場を借り身内のお祭りから始ったミーティングも四半世紀を超える一大イベントに成長しました。
その間、運営に関して徐々に限界を感じはじめ、いかにフェイドアウトするかが話題になりました。
今年はMINIの生誕50周年とCLUB305が30回を迎える節目の年であること、また、305は記録より記憶に残るイベントを目指していることから判断いたしました。」
と記されています。

一口で言えば30年ですが人の一生の約1/3に当たります。
別に営利を目的としていないボランティアの活動を長年にわたって開催してきた事務局の方々には頭が下がります。

我がUnionJackからもクラシックMINI2台、NewMINI2台の計4台が参加しサーキットランにエントリィしました。
私とS内さんの2人は携帯もナビもなかった18年前にも参加しています。

行程は、東北道~首都高~東名道の片道約820。
食事や休憩を入れると約11時間走ることになります。
高速道路¥1,000の恩恵に預かるために、往路は、8/21(金)PM6:30津軽ICを出発、翌朝AM5:00のFISCOゲートオープンを目指します。

集合場所のたそがれた津軽SA。
気持ちもたそがれてしまいます。
20090821_183554.jpg

前沢SAにて途中からの合流組とちょっと遅めの夕食とミーティング。

「夜はこれから!気合いだ~」
20090821_235843.jpg



結構混んでいた首都高速を必死の思いで通過し、東名道御殿場ICを降りた頃、夜明けと共に小雨が・・・・
20090822_050349.jpg



富士スピードウェイ到着、天気はよくなったが、ここからが大変。
20090822_063133.jpg



指定の駐車位置まで長い行列ができています。
20090822_063222.jpg

20090822_070349.jpg

20090822_070416.jpg



モークもいます。
20090822_070421.jpg



スーパー7もいます。
20090822_070651.jpg

 

田舎のマフィアではありません。
18年前にも参加したS内さんです。
さすが渋いですね。
20090822_071609.jpg



サーキットランの始まりです。
待機中のペースカー。
こいつらを追い越しちゃだめ!っていうことになっているが普通のminiでは追い越せないと思う。
20090822_083041_095509.jpg

20090822_083041_095509_2.jpg

20090822_083044.jpg

20090822_083045.jpg

20090822_083046.jpg

20090822_083048.jpg

20090822_084403.jpg

20090822_090202.jpg

20090822_090336.jpg

20090822_083049.jpg

メインスタンドから眺めるメインストレート。

模擬レースの様子です。
チョロQみたいですね。
一般道は走れない車ばかりなので小さいくせに排気音が凄いです。
20090822_100643.jpg

20090822_094805.jpg

20090822_100604.jpg
出番が終わって後は最後の抽選とファイナルランを待つだけ。
さすがに睡魔が襲ってきました。
20090822_105352.jpg
フリーマーケットに出たばかりの例の岩手のTJが載ったMNIfreakが並べられていました。
20090822_072441.jpg
当時(上)と今回(下)の記念プレートです。
デザインは同じですが歴史を感じますね。
IMGP1537.jpg

18年前は「激走!2000」と題して2泊3日の行程で往復しました。
首都高を迷走して東名ではなくR1に出てしまって引き返したり、当日の朝はコンビニに食料を調達したり、世が世であれば朝からBBQやってビール飲んで、ジムカーナで賞を貰った人とかもいて思い出深いものがありますが、厳しい世の中のあおりか今回はそのような光景は見かけませんでした。
ちょっと味気なく感じましたが、club305自体がなくなることへの無念さはあります。
まさしく記憶に残るイベントでした。

さてさて、私はと言えば、ここまできたなら行かねばなるまいと翌日は他の参加者と離れ富士山に挑戦しました。
MINIで富士山を目指すのも乙なもの。
18年前はFISCOからもその勇姿がきれいに見えていたのですが今回はあいにくでした。
今回は2度目で5年前に登ったときは、高山病に耐えながらガスを見に行ったようなものでしたが今回は天気もよく最高の富士山となりました。
yama01.jpg

五合目から登り始めてここまで5時間。

向こうに見える小高いでっぱりが、頂上のさらに頂上の日本で一番高い3776mの剣が峰です。富士山測候所があったところ。
ここまで来ると空気が薄いためzippoも100円ライターもなかなか点きません。
スモーカーのもらい火を方々で見かけました。
yama02.jpg

さて、下山後は来た道を11時間かけて逆戻り。

休み休みゆっくり行きましょう。ふ~っ。

…以上、お疲れさまでした!

オリジナルを600×450に縮小した全ての画像は[コチラ]で見られます。